フィンランドはもうすぐ夏が終わり、秋になります。
今年は、6月まで雪が残っていて吹雪の日もありました。ようやく雪が消えても、なかなか気温が上がらずここ数日、やっと20度を超える夏らしい日がやってきたところです。
でも8月半ばには、長ーい夏休みも終わり秋がやってきます。そもそもフィンランドの夏は短いのですが、今年はその中でも特に短い夏で終わりそうです。
ただ、蚊とアブだけはいつもの年と同じように、大群が発生しているのですから、困ったものです。
フィンランドのような寒い国には蚊はあまりいないと思っている方がほとんどだと思うのですが、
フィンランドの蚊の多さは半端じゃありません。しかも北に行くほど多いそうな…
息をしたら、口の中にまで入ってくるのですから、たまりません。
ここKuivaniemiは、かなり北部に位置している上に、森の中。小さな湖もあちこちに点在しています。
お向かいの人は、二酸化炭素を発生させて蚊を寄せ、その集まった蚊を吸い込むという装置を持っていて見せてもらったことがあります。10万円以上だったとか…

私が草刈りをする時や、夫の森仕事の時はアミ付きの帽子をかぶり、ナイロンパーカーの上下を着て完全防備で立ち向かうのですが、散歩のときはそんな格好もできないので、虫除けのローションを塗って、あとはうちわでバタバタと追い払うくらいでした。
今年はスマホの虫よけアプリを使ってみたり、虫よけリングを足や手首につけたり、いろいろ試したのですが、効き目はイマイチでした。
そして、何かいい方法はないかとネットで探していたら、「new Wish FIELD」というブログの中に、「黄色と黒のロープで蚊の天敵のオニヤンマに似せたものを作って軒や、帽子にぶら下げる」という記事があるのを見つけました。

トンボは蚊だけではなくアブにとっても天敵なのだそうです。そういえば散歩している時もトンボが飛んでくると、蚊やアブはいなくなります。この近くで見かけるトンボは、結構地味な色のトンボばかりなので、それらしく見えるように空き箱と半透明のポリ袋でこんなトンボを作ってみました。
これに3~40cmの釣り糸を結び付け、それを棒の先にぶら下げてスイ―スイーッと揺らすと面白いように、蚊とアブが逃げていきます。
軽すぎると安定感がなくなるので重しをつけたり、ポリ袋もそのままだとくしゃくしゃになってしまうので、セロテープを張り付けたり、ぶら下げる糸も、木綿糸ではねじれてうまくいきません…
いろいろ改良を加えて写真のようなトンボになりました。

日本は、これからが夏の盛りです。蚊に困っている方は、一度お試しあれ。